トレード手法:スイングトレード(中長期売買)

カテゴリー
タグ
トレード手法:スイングトレード(中長期売買)

スイングトレードの特徴

トレード手法の最後はスイングトレード(中長期売買)になります。

中長期っていうとどれくらいポジションを持つものなんですか?

実は明確な定義はなくて、2日以上ポジションを持ち越す取引をすべてスイングトレードと呼んでいます。

じゃあ、2日の場合もあるし1年の場合もあるということですか?

そういうことになりますね。
あくまで「スキャルピングトレード」「デイトレード」「スイングトレード」という大まかな3つの分類にわけたうちの1つですので、同じスイングトレードでもやり方によっては期間がかなり変わってきます。

そうなんですね!長く持つということはやっぱり100pips以上を狙うんですか?

スイングトレードにおいては100pips以上の利益を狙うことは珍しくありません。その分、損切りラインも深くなりがちなので注意が必要です。
長期的にポジションを持つのでファンダメンタルズ分析も欠かせませんね。

長期で持っていると指標発表等のイベントで大きく動く場合があると思うんですけどそういう場合はどうするんですか?

良い質問ですね。短期トレードと違って、スイングトレードはイベントは避けて通れません。ただ、長期的に見ればイベントでの動きは一時的なものですぐに元の水準に戻るといったことも珍しくありません。大事なのは、しっかりと利益確定をするポイントと損切りラインを設けて、がっしりと構えていることです。

わかりました!他に何か気をつける事はありますか?

スイングトレードの注意点としてはやはりスワップポイントが挙げられます。
数日ならともかく数週間や数ヶ月ともなるとバカにならない金額になってきます。スワップポイントが高めの資源国通貨は特に注意しましょう。

すっかり忘れていました!確かにロングする場合なら金利が日割りで貰えるからいいんですけど、ショートする場合は金利分損をするんでしたよね?

その通りです。ショートでエントリーする場合は特に気をつけましょう!

スイングトレードに適した口座

スイングトレードをするならどこのFX会社がお勧めですか?

スイングトレードは、外為どっとコムをお勧めします。
長期的な戦略を練るために必要なのはやはり情報です。外為どっとコムは他社にない圧倒的な情報量を提供してくれるFX会社なのでスイングトレードをするにはもってこいです。また、初心者にも優しい1,000通貨単位からの取引も可能なので少なめのレバレッジで大きな利幅を取りたいスイングトレードに最適と言えるでしょう。

この注文情報も外為どっとコム独自のものなんですか?

そうです!私が知る限りこういう情報を出しているのは外為どっとコムだけですので、非常に有用な判断材料になります。

おすすめFX会社ランキング