トレード手法:デイトレード(短期売買)

カテゴリー
タグ
トレード手法:デイトレード(短期売買)

デイトレードの特徴

前回のスキャルピングトレードに続き今回はデイトレードの講義を行います。

FXに興味を持つ前から「デイトレード」とか「デイトレーダー」っていう言葉は聞いたことがありました!

確かに「スキャルピング」や「スイング」という用語よりはデイトレードという言葉は耳にすることは多いかもしれませんね。
さてそのデイトレードですがその名の通り1日のうちにトレードを完結させる手法です。

短期トレードなのでやっぱり、テクニカル分析を重視するんですか?

テクニカル分析が重要なのは確かなのですが、そうとも言い切りません。各国の市場の動きや(指数)先物や商品先物の動きや、財務大臣や日銀総裁の発言にも注意する必要があります。

所謂「イベント」というやつですね!

そうです!よく復習ができていますね!
予定されているイベント以外にも、突然の事故や事件や重要人物の発言等によっても相場が急に動く場合があります。一時期は中国市場や原油の下落によって円相場が変動する時期もありました。

うーん、だとしたらデイトレは重要なイベントがない日の方がいいんですか?

私はそう考えています。勿論、イベントの動きを利用した手法もありますが、玄人向けですしお勧めはしません。
イベントに関してはまた別日に講義で詳しくお教えします。

チャートは何分足を見ればいいんですか?

基本的には30分足を使いましょう。ただ、60分足や日足も必ず確認したほうがいいでしょう。

何故ですか?

例えば30分足だけ見れば上昇トレンドだとしても日足で見ると下降トレンドになっている場合もあります。
様々な角度からチャートを見て総合的に判断するにはいつくかのチャートとテクニカル指標をしっかりと使っていくことが大事です。

デイトレードに適した口座

デイトレードをする場合、FX口座は約定力が高く安定したシステムを持ちスプレッドが狭いところが良いといえるでしょう。

コインチェックみたいにポジションが処理できない状態になったら怖いですね…。

仮想通貨はまだまだ国内も海外も法整備が間に合っていないのでしょうがなかったと言えなくもありません。
ただFXの場合も急な値動きに対して一定時間取引ができないということは稀にありますので、そこはやはり信頼のできるFX会社を選ぶ必要があります。

具体的にはどこになりますか?

DMM FXGMOクリック証券になります。
詳しくはランキングのページを参照してください。

おすすめFX会社ランキング