国策には逆らうなとは?政治のトレンドを見逃してはいけないということ!

カテゴリー
タグ
国策には逆らうなとは?政治のトレンドを見逃してはいけないということ!

国策には逆らうなとは?政治トレンドに逆らってはいけないということ

先生!国策に逆らうなについて教えてください!

国策に逆らうなは投資格言の中でも有名な言葉です。投資には特に国の経済政策や外交政策が深く関わってくるため、そのトレンドと真逆の方向を目指してはいけないということです。

逆張りというと大きく稼げそうな感じがしますが、政治トレンドには逆張りをしてはいけないということですか?

その通りです。国家というのは一個人投資家や一機関投資家の力でどうにかできるものではありません。国家の力の流れに逆らうことなく、トレンドに乗ることが必要です。

確かに国家を相手取って戦いを挑むことは非常に無謀に感じます…

そうですね。では、実際に国策に逆らうなの実例を次の講座で解説していきます。

はい、よろしくお願いします!

国策に逆らうなの典型例日銀砲について

国策に逆らうなの典型例とは何があるのでしょうか?

2004年に行われた日銀の為替介入です。一般的に日銀砲と呼ばれるものですが、ドル円が円高に進んだ際に日銀が膨大な量のお金を使用し、ドル買い・円売りを行いました。この場合には、円はどっちの方向に進むでしょうか?

ドルを買って、円を売るので円安方向に進むと考えれます。

その通りです。実際に円高方面に進んでいたところが、一転円安に進みました。ここで為替介入を行うという政治トレンドに反した行動をしてしまうとどうなってしまっていたでしょうか。

かなり大きな損失を出してしまっていたと思います。

正解です。2004年の日銀砲は機関投資家と日本という国の戦いでした。機関投資家も多額の資金を持って参入していましたが、それでも日本の国策には勝てなかったということです。

機関投資家対国の構図では、機関投資家に勝ち目がなさそうですね…

はい。あくまで一例のため今後機関投資家は絶対負けるとは言えませんが、大きな確率で国の政策に逆張りしてしまうと当時の機関投資家と同じ結果になってしまうということですね。

よく分かりました!初心者でもこれは可能なんですか?

はい!可能です。それについては次の項目でお話します。

政治の基本を抑えて、国の経済政策がどう影響するか見極めよう

政治トレンドを読み取るためにはどういったことをすればいいですか?

国策のトレンドを見極めるためにはニュースに目を通すことはもちろんですが、基本的な経済政策が国に及ぼす影響をしっかりと学んでおくことが重要です。こちらは大学レベルの話ではなく、高校までで学習が完了できるので、ざっくりと復習をしておくとよいでしょう。

やっぱり基本的な知識があると理解しやすいんですね・・・

そのとおりです。FXを通して世界情勢を知るためには、高校生までの社会の知識は意外と使うものなので苦手な方は簡単に復習しておくと理解のスピードも早まりますよ。

そうなんですね!確かに地理とかも復習しておかないとリスクの理解などが難しそうです!

はい!意外と一般的な社会の知識は試されるため,日頃から新聞などを読み、常に情報を更新しておくとよいでしょう。

ありがとうございました!

おすすめFX会社ランキング