2020年のアメリカ大統領戦況で為替はどうなる?初心者は資金管理を徹底重視!

カテゴリー
タグ
2020年のアメリカ大統領戦況で為替はどうなる?初心者は資金管理を徹底重視!

アメリカ大統領選挙は一大イベント!

2020年には大統領選挙がありますよね?大統領選挙というと一大イベントのような気がします!

その通りです。2020年の大統領選挙は11月3日に行われます。4年に一度のアメリカ政治上の大きなイベントでもありますが、為替市場でも大きなイベントになっています。

政治の大きなイベントなのは分かりますが、為替市場でも大きなイベントなのは初耳です。

政治イベントで為替に関わってくるというと、アメリカの雇用統計などが有名ですね。これはアメリカの現在の状態を見るためのもので、アメリカ大統領選挙はこれからのアメリカ経済を左右するイベントとして様々な思惑が交錯します。

確かにそうですね。アメリカの大統領は行政権を握っているから企業に優位な政策をマニフェストにしている政治家が大統領になると市場も好意的に見てくれそうです。

その通りです。ただし、やはり政治イベントのため『結果は起こってみないとわからない』と言えますね。

となると、大統領選挙でどちらが勝つかに賭けるのはギャンブルとも言えそうですね。

はい。では、実際に2016年の大統領選挙で起こったことを実体験ベースでお話していきます。

2016年の大統領選挙は波乱があった

前回の大統領選挙は為替にどのような影響を与えたのでしょうか。

まず、前提として現トランプ大統領は大統領選挙に敗れるというのが大方の予想で、対抗馬のヒラリー・クリントンが勝つという風に取られていました。また、トランプ大統領は大統領になる前からも問題発言があり、大統領になった場合に外交問題を起こすことからドルの価値が下がるという意見が多数を占めていました。

実際はどうだったんですか?

2016年の大統領選挙の結果は見ての通り、トランプ大統領が勝ちました。また、市場もトランプ大統領を歓迎しドルの価値が跳ねあがったんです。以下の画像をご覧下さい

2016年大統領選挙の為替の動き

2016年の中で円安が急進しているところがありますね…

はい!そこが2016年11月です。大方の予想を裏切り、1ドル101円付近から114円まで円安が進みました。

1ヶ月で10%以上の値上がりってすごいですね…

確かにそうですね。だからこそ、大統領選挙でギャンブルを行ってしまうのは非常に危険なんですよ。

政治イベントでギャンブルをしない!資金管理を徹底しよう!

こういった政治イベントを初心者はどうやって乗り切ればいいんですか?

繰り返しになりますが、初心者は政治イベントでロスカットされない資金管理を徹底する必要があります。

ロスカットされてしまうと『退場』してしまいますもんね…

その通りです。政治イベントの影響が出始める頃には損切りをしてでもレバレッジ を低くして円安・円高どちらに動いても良いようにしましょう。

退場しなければチャンスは何度でもありますからね!

そのポジティブさが成功の秘訣です。

今回もありがとうございました!すごく分かりやすかったです!

ありがとうございます。為替についてもっと知りたくなったら前の講座も見直してくださいね!

はい!

おすすめFX会社ランキング