【2019年9月速報】米国雇用統計は大幅増!米国の今について解説します!

カテゴリー
タグ
【2019年9月速報】米国雇用統計は大幅増!米国の今について解説します!

米国雇用統計とは?

よくFXの世界で雇用統計と聞きますが、実際どのような指標なんですか?

米国雇用統計は毎月第一金曜日に発表される重要な経済指標です。この結果によって円の対ドルレートが大きく上下することとなります。文字通り米国の雇用に関する統計を表した指標です。

そうなんですね。なんだか見るのが難しそう。。。

そんなことはないですよ。まず第一に重要なのは市場予測です。この市場予測を上回るか下回るかによって成行が変わります。

上回ったらドルが強くなって、下回ったら弱くなるという理解でいいですか?

その通りです。市場が雇用統計の結果を織り込み済みということもありますが、統計が市場予測を大きく上回るサプライズなどもあります。

その時間の取引ってなんだか過ごそう・・・

はい、その通りです。基本的に取引量が非常に増えてスプレッドも原則より開くのが通常です。

ええ、初心者のうちは手を出さない方が良さそうですね。

確かに。FX初心者のうちは米国雇用統計で大きく損をしてしまうため、出来るだけポジションを整理しておいた方が賢明です。

2019年9月米国の今

今回の米国雇用統計の結果はどうだったんですか?

2019年9月6日に発表された米国雇用統計は、市場予測を下回りました。13万人が増加したにも関わらずです。民間企業の増加率は約9万6000人程度で低い伸び率を提示しています。

残りの雇用数は何になりますか?

民間企業での雇用ではなく、政府の臨時職員などの雇用です。そのため安定した雇用とは言い難いですね。

他には何か特徴的なことはありましたか?

今回の雇用統計では、13万人が増えたにも関わらず、失業率が変わらないままでした。そのため労働参加率が増えたと捉えられています。

意外と良さそうな統計結果のような気がしますが…

確かに統計上のデータだけを見れば、そう考えられますが、現在中国との貿易戦争もあり先行き不透明であると言っても過言ではないですね。

確かに、統計から少し離れてみると米国を取り巻く状況は非常に複雑ですね

米国雇用統計で初心者が出来ることとは?

米国雇用統計で初心者が出来ることはなにがあるでしょうか?

繰り返しになりますが、米国雇用統計前には一度ポジションを整理しておくことが重要です。理由はギャンブルになる可能性が非常に高いからです。

一発逆転の可能性もあるということですか?

確かにその可能性もないとは言い切れません。ただし、ロスカットや追証も覚悟しないといけませんね。

それは怖いです。

FXはレバレッジを低くして資金管理を徹底すれば、『負ける確率』は確実に低くなります。ギャンブルはせず雇用統計を見て勉強しましょう。

その他の指標についても勉強してみると良さそうですね!

その通りです。しっかりと勉強してリスクヘッジをしていきましょう。

ありがとうございました!

おすすめFX会社ランキング