【2019年8月最新版】米中貿易戦争再発について!初心者はどのように動くべきか

カテゴリー
タグ
【2019年8月最新版】米中貿易戦争再発について!初心者はどのように動くべきか

米中貿易戦争とは

最近、またアメリカと中国で貿易戦争が起こっているという話を聞きますが、どういったことが原因なんですか?

ことの発端は2018年にアメリカのトランプ大統領が中国の品物に対して関税をかけることを宣言しました。そうすると中国も当然やり返します。 構図は非常に簡単で両国の貿易活動の報復行動の応酬です。

え?なんで関税をかけたら報復が行われるのですか?

アメリカも中国も相手の国に自分の国の品物を送ることで利益を上げています。もし、関税をかけらたら当然その品物は高くなりますよね。外国製品が高く自国製品が安かったらどちらを買いますか?

あ、普通に安い国産のものを買います。

しかも、関税というのは相手の国に渡るお金で、自国には一円も入って来ません。このことから自国の産業を保護する名目などで外国製品に 対して関税をかけるのはどこの国でもやっていることです。しかし、アメリカは中国に対して多くの品物に25%もの関税をかけました。

…中国が怒るのも当然ですね。

当然中国も報復を行い、米中貿易戦争に発展していきますよね。以前にも解説しましたが、この二大大国が貿易戦争を行ったことで色々なことが起こりました。 その中でも2019年の8月に起きた米中貿易戦争の再発でFXに関連することを次からの講義でみていきましょう。

お願いします。

外国通貨の価格推移は?

2019年8月の米中貿易戦争によって外国通貨の価格推移はどうなったんですか?

約108円から約105円まで円高が進みました。約2.8%の円高が観測されました。

世界経済に何かあると円高になるのはここでも証明されましたね。

そうですね。円高になったことで、日経平均にも影響を与えています。約2万1500円付近から約2万500円まで下落し約5%も下落しています。

円高って円の価値が高くなるので意外といいことがありそうなんですが、デメリットも多いんですね。

円高になるということは、リスクオフの典型例であり、投資環境が悪くなることが多々あります。安全な資産であるゴールドや債券などの価格上昇も観測できるため覚えておくといいですよ。

FX初心者はどう動くべきなのか

世界的に経済が停滞することが予測される場合には、初心者はどのように動くべきなのでしょうか?

世界全体が弱気相場の場合は、様子をみながらポジション整理を頻繁に行っていくことがリスクヘッジに繋がりますよ。

円高になれば、逆に安く他国通貨を変えるチャンスでもあると考えていいですか?

はい、その通りです。円高は他の通貨を安く買えて、長期的に大きく稼ぐことができるチャンスでもあります。

ということは、資金さえなくならなければたくさんチャンスはあるということですね。

そうです!経済は常に循環するものなので、いいときもあれば悪いときもあると考え、経済が悪いときにどのように投資を行っていくかを考えるのも初心者の方にとっては大事ですよ。

ということは今が勉強のチャンスですね!

そのポジティブさが豊かな投資生活につながるかもしれませんね。始めは概要を学ぶとイメージが湧きやすいの是非こちらの講義も参考にしてみてください。

ありがとうございました!

おすすめFX会社ランキング