テクニカル指標:RSI

カテゴリー
タグ
テクニカル指標:RSI

RSIの概要

今日は「RSI」について勉強していきます。

また何かの略称ですか?

RSIはRelative Strength Indexの略で日本語では「相対力指数」と呼ばれています。
それでは早速チャートに表示させてみましょう。

チャートと連動したような動きですが、振れ幅が違うように見えます。

RSIは一定期間(基本は14)のうち上昇幅や下落幅を比べどちらに勢いがあるかを示す指標です。
50を基準値として50以上なら上昇幅の方が強いことを示し、その逆なら下落幅の方が強いことを示します。

ということは上昇トレンドと下降トレンドを見極める指標なんですか?

実はそうじゃないんです。この指標はトレンド相場ではくレンジ相場にて本領を発揮します。

RSIの使い方

RSIは買われ過ぎと売られ過ぎの状態を示す指標というのが一般的な認識です。
先程のチャートに印を付けてみましたので見てください。

ということは、このAとCが買われ過ぎでBが売られ過ぎということですか?

その通りです!
このチャートでは少し分かりづらいですが、RSIの値は0~100まであり、70以上だと買われ過ぎで、30以下だと売られ過ぎと考えてください。

Aのポイントは90オーバーなのでかなりの買われ過ぎとわかるのでここでショートすればいいということですね。

それで問題ありませんが、やはり他の指標と合わせて見ることも忘れないでください。
というのも、トレンド相場の場合は「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」の状態が続いたりしますので気をつけましょう。

おすすめFX会社ランキング