テクニカル指標:ボリンジャーバンド

カテゴリー
タグ
テクニカル指標:ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの概要

今日扱うテクニカル指標は「ボリンジャーバンド」です。

ボイジャー?

それは無人探査機ですね!ボイジャーではなくてボリンジャーです。
1980年代にジョン・A・ボリンジャー氏が考案した統計学に基づいたテクニカル指標です。
では早速見てみましょう。

5本もラインが出ていて見方がよくわかりません…。

真ん中のラインは移動平均線で、外側の2つがボリンジャーバンドになります。一番外側のラインが±σ3で、その内側にあるのが±σ2になります。
上下対の動きになるので、上下のラインは連動して動きます。

色が同じラインが連動するんですね!
設定をみたら、±1σもありました!

そうです。±1σ、±2σ、±3σの3つのラインがありますが、あまり表示させすぎるとごちゃごちゃしてみずらくなってしまうため1つか2つをおすすめしています。

欲張っちゃダメってことですね!

さてこのラインの説明になります。ボリンジャーバンドは統計学的に価格がどの範囲で推移するかを表しています。

±1σに収まる確率は68.3%
±2σに収まる確率は95.5%
±3σに収まる確率は99.7%…となっています。

なるほど…±1σは微妙な確率なので使いづらそうですね…。

ボリンジャーバンドの使い方

さて、それでは実践でどのようにボリンジャーバンドを使っていくかを解説していきますね。

あたし分かっちゃいました!
価格がボリンジャーバンドの範囲内で推移する確率が高いということなら、ローソク足が範囲外に飛び出した時に逆張りでエントリーすればいいんじゃないですか?

そうですね!そういう使い方もあります。

「も」ということは別の使い方もあるんですか?

一般の書籍などでは陽菜ちゃんが言ったような使い方だけを載せているものもあるのですが、実はボリンジャーバンドを考案したボリンジャー氏は順張りで使うことを勧めているんです。

どういうことですか?

例えば以下のようなチャートを見てみましょう。

ボラティリティが低いと、ボリンジャーバンドは狭くなっていくんですね。

レンジ相場(揉み合い相場)になるとボリンジャーバンドは中央に収束していきます。
そういう揉み合い相場が長いほどボリンジャーバンドを突き抜けるような大きな動きがあると、それがトレンドの始まりになることが多々あります。

大きく動くとボリンジャーバンドの範囲はかなり大きくなっていますね!

長い揉み合いからの大きな動きはトレンドの始まりになることが多く、様々な手法で使われるのですが、ボリンジャーバンドを使えば揉み合いの長さをひと目で判断することができるのです。

なるほど!ボリンジャーバンドが狭まっていたら注目してみます!

おすすめFX会社ランキング