トレンドと順張り・逆張り

カテゴリー
タグ
トレンドと順張り・逆張り

トレンド

今日は実際にエントリーをするタイミングを考えてみましょう。まずは参考のチャートです。

陽菜ちゃんならどこでエントリーしてみたいと思いますか?

全然わかりませんけど、115円辺りでロングしてみたいですね!

じゃあ115円辺りを現在値だとすると以下のようなチャートになりますけど、ロングしたいと思いますか?

これだけみるとまだ下がりそうですし、ロングするのは怖い気もします…。

そうなりますよね。それではエントリーするポイントの前にトレンドをおさえておきましょう。

トレンド?流行りみたいなものですか?

そのトレンドです!一般的に相場は「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ相場」の3つに分類することができます。

価格が連続して上昇していたら上昇トレンドってことで、下落していたら下降トレンドっていうことですよね!?

その通りです!ただ、調整もありますので連続して陽線がでている場合だけではありません。
そして「レンジ相場」は、一定の範囲(レンジ)内で価格が上下することを指し、「もみ合い」とも呼ばれています。
では先程のチャートにトレンドの矢印を追加してみましょう。

なるほど!②と④が上昇トレンドで①が下降トレンド、そして③がレンジ相場ってことですね!

正解です!では、次はどのポイントでエントリーするかを考えてみましょう

順張りと逆張り

エントリーの方法は大きく分けて2つあります。「順張り」と「逆張り」です。
順張りというのは、トレンドの流れに乗ってエントリーすることで、逆張りはその逆でトレンドの流れに逆らってエントリーすることです。

順張りはなんとなくわかったんですけど、逆張りをするメリットってあるんですか?

ではここで先程のチャートを再び見てみましょう。

①の辺りでロングするのは逆張りで、②の辺りでロングするのが順張りになります。

やはり①のところは下降トレンドだと思うので、まだまだ下がると思ってしまいロングするのは怖い気がします…。

確かにそうですね!逆張りは大きく値が動いた時は、その後リバウンドすることが多いので、その動きを狙ってエントリーをすることが多いです。
ただ、逆張りは難しいので、初心者には順張りをお勧めしています。

あたしは順張りでやっていこうと思います!トレンドを見抜くいい方法はありませんか?

それは、移動平均線をはじめとするテクニカルチャートの講座で詳しく説明していきますね!

おすすめFX会社ランキング