東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場とは

カテゴリー
タグ
東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場とは

市場とは

今日は、東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場についての講義を行っていきますね。

その○○市場って時々耳にするんですけど、各市場によって手数料とか違うんですか?

実はそういう意味ではないのです。
FXにおいてこの○○市場というのは、時間帯を表しているんです。

どういうことですか?

例えば、日本だと株式市場で取引が行われる…所謂「ザラ場」という時間は9時~15時で、日銀からの指標発表や重要人物の発言などはこの時間内に行われることが多いです。ロンドン(欧州)やニューヨーク(米国)はこの時間帯は夜ですので、主役は日本ということになります。日本で金融の中心地といえば勿論東京ですので、この時間帯のことを東京市場と呼びます。
同じように16時から22時をロンドン市場、22時から27時をニューヨーク市場と呼びます

時間帯のことだったんですね…完全に勘違いしていました。

市場が変わるタイミングに注意

もう一度、各市場の時間帯を確認しておきましょう。
東京市場:9:00~15:00
ロンドン市場:16:00~22:00 (※サマータイム時は1時間早く始まります)
ニューヨーク市場:22:00~27:00(※サマータイム時は1時間早く始まります)

この時間帯って覚えておく必要がありますか?

勿論あります。
東京市場で主役になるのは勿論日本人投資家をはじめとするアジア勢ですが、16時あたりになると欧州勢が参入してきます。このタイミングで東京時間でのトレンドが一変して変わることがよくあります。

流れが変わるというやつですね!

東京市場→ロンドン市場→ニューヨーク市場と移り変わっていく中で、動きが激しくなったりトレンドが変わることが多々あるので、市場の移り変わるタイミングでは注意が必要です。特に東京市場からロンドン市場に移り変わるタイミングでその傾向が顕著です。

あーそういうことですか!
じゃあ朝にエントリしたポジションがトレンドに乗りかなり含み益が出た状態で15時を迎えたとするような時に、ロンドン市場になる前に手仕舞いをしてしまう…とかいう考え方ができるということですか?

素晴らしい!まさにそういうことです。

それぞれの市場の特徴

市場が変わるタイミングに注意してもらうのはわかってもらえたようなので、次はそれぞれの市場の特徴を説明していきますね。

それってつまり、時間帯によってチャートの動き方が変わるということですか?

そういうことになりますね。
まず、東京市場ですがレンジ相場を形成することが多いです。
次のロンドン市場は、東京勢を狙い撃ちにしたような東京市場とは逆行した動きから始まり、更にまた大きなトレンドを作っていくことが多いです。
そして最後のニューヨーク市場は、どちらかというとロンドン市場のトレンドを継続することも多いですが、この市場は欧州勢もまだまだ健在の時間なことや米国の指標発表がある時間帯ですので瞬間的に大きな動きをすることがあります。

メモしました!

あと、ドル円はやはり東京市場から大きく動くことが多いですが、ユーロドルなど東京市場では殆ど動かなかったり、通貨ペアによっても変わってきたりします。

なるほど!今まで殆ど意識してなかったのですが、時間帯を意識してトレードできれば戦略の練り方も変わってきそうです!

おすすめFX会社ランキング