成行注文

カテゴリー
タグ
成行注文

注文の種類と成行注文

今回から実際の注文の仕方の講座を開始します!

いよいよですね!口座ができたので早速ログインしたのですがよくわかりませんでした。

では、実際に画面を見ながら解説していきましょう。陽菜ちゃんはどのFX会社で口座開設しましたか?

GMOクリック証券です!

では、GMOクリック証券の画面を見てみましょう。
今回はスマホアプリの画面を紹介します。

注文の種類が「成行」「通常」「OCO」「IFD」「IFD-OCO」と並んでますが、意味がわかりますか?

さっぱりわかりません…。

ですよね!それでは1つづつ解説していきましょう。
まずは「成行」注文からです。

気の向くままのような注文ですか?

違いますね…。成行注文とは今現在表示されているレートで即座に売買をする注文になります。

ということは、この画面の時に成行でロング(買い)をしたとすると、106.293のレートでロングできるということですか?

基本的にはそういうことになります。

スリップページ

基本的…というと例外もあるんですか?

先程の画面の取引数量の下にスリップページがありますが、これがヒントです。

スリップって滑るって意味でしたっけ…あ!!

お察しの通りです!
成行注文の場合、表示上のレートを見て注文ボタンを押した場合に押した瞬間から注文が通る僅かな時間にレートが変動する場合があります。これをスリップページと言います。
注文画面のスリップページは許容できるスリップページを入力することになり、指定した数値以上のスリップページが発生した場合注文はキャンセルされる仕様になっています。

そんなにスリップページは発生するものなんですか?

スキャルピングと呼ばれる超短期トレードをする以外は基本的に気にしなくて良いのですが、指標発表等のイベント時はレートが短時間で激しく変動するのでそういう時は注意が必要になります。

おすすめFX会社ランキング